Carl Hansen & Søn

naja-utzon-popov

Naja Utzon Popov

ナヤ・ウッソン・ポポフは1973年コペンハーゲン生まれ。彫刻、テキスタイルデザイン、そして陶芸と多方面にその才能を開花させてきました。

Designer bio

ナヤ・ウッソン・ポポフの才能はシドニーのオペラハウスの建築で世界的に知られた祖父、建築家ヤーン・ウッソン(Jørn Utzon)から受け継いだと言えます。しかも母親は芸術家として知られた、リン・ウッソン(Lin Utzon)、父は、 オーストラリアの著名建築家アレックス・ポポフ(Alex Popov)と芸術家一族の血を継承しています。

子供時代をデンマークで過ごし、十代の時にオーストラリアに渡航。ここで描画と絵画のコースに参加し研修しています。その後英国に渡り、ウエストミンスター大学(Westminster School of Media Arts and Design)に入学。ここで芸術家としてのアカデミックな教育を受けています。現在、活動の拠点はデンマーク。コペンハーゲンに工房を構えここから数多くの作品を発信しています。デンマークで過ごした子供時代、そしてオーストラリアでの生活、この二つが常にナヤ・ウッソン・ポポフの作品の重要な要素となっていることは明白です。

彼女は、芸術家の家庭に生まれたことから、自分を取り巻く周囲の環境や自然、そして芸術、モダンデザインに早くから豊かな感受性を育んできました。美しい自然との遭遇をテキスタイル、グラス、セラミックそして彫刻に生かすことができるのも、こうした生い立ちがあるからこそと言えます。地球を母とする自然の美しさや、それに対する愛着を基本にする、独自のアプローチ。それを基盤に芸術一家の伝統を継承するにふさわしい芸術作品を世に送り出していると言えます。

ここにきてナヤ・ウッソン・ポポフの作品は世界各地で大きな注目を集めています。粘土の作品を展示し話題になったニューヨークの家具展ICFF。作品はその後ニューヨークの高級デパート、SAKS Fifth Avenueに購入されています。またグラスやセラミックは、スペイン、マジョルカ島の美術館、Galeria Kunstmannやロンドンの寿司店Fengをはじめ世界各地で使用されています。

ユーザーログイン

ユーザネーム&パスワードを入力してください

入力されたユーザーネームまたはパスワードが正しくありません