Carl Hansen & Søn

others

他の素材

ダウンロードはこちら: 

WOOD COLOURS

WOOD COLOURS FOR CH24

ペーパーコード

ハンスJ.ウェグナーが、耐久性と木材と同じ自然素材であるということを考慮して、ペーパーコードをはじめてイスに使用したのは1949年に遡ります。

材料となる紙は、サスティナビリティーのある森林から伐採された木材を原料に製紙したものを使用しています。紙はまず汚れやしみをつきにくくするためワックスで軽くコーティングされてから、ペーパーコードとして生産されます。ペーパーコードは、生分解または焼却が可能です。

現在当社で使用するペーパーコードはナチュラルと黒、そして白の3種。顔料を含まないナチュラルのペーパーコードは、天然の木材を利用したもの。黒のペーパーコードは、縒る前にナチュラルペーパーコードを脱色してから黒く染色されたもの。白はナチュラルのペーパーコードを脱色して製作されたものです。耐久性が脆弱になるため、当社ではペーパーコードの原料として再生紙は使用していません。

ソープ&オイル

ソープ仕上げに当社が使用するフレーク状の天然石鹸は100%植物油を原料としています。

オイル仕上げに使用するオイルも植物性で、仕上げをほどこした製品からは一切有毒性物質を発生することはありません。

 ソープまたはオイルで仕上げられた木部は生分解または焼却が可能です。

CHS_CH24Weaving-22.jpg

スチール

ハンスJ.ウェグナーのコレクションに使用するスチール素材は、ブラシ仕上げのステンレススチールです。当社がこうした素材を使用するのは以下の理由によります。:

  • 長い間使用しても錆ないこと。
  • 耐久性があり、傷などがつきにくいこと。
  • 外観が美しく、触感がいいこと。

 

ストランド+ヴァスのテーブルにも、ブラシ仕上げのアルミ二ウムが使用されています。ネジや他の組み立てに使用される金物はステンレススチールとなっています。

ウレタンフォーム

カール・ハンセン&サンでは、Freonを使用せずに生産されるポリウレタン製のクッション材を使用しています。当社の製品は公共の場で使用される頻度が高いため、より厳しい防炎規格をクッション材に課しています。こうしたことから綿やパンヤといった天然素材は、クッション材として不向きといえます。

米国のCalifornian bulletin 117 、 英国規格5852 crib5、さらに同じような防炎の基準であるEN1021-1 (タバコによる着火性試験) EN 1021-2 (マッチによる着火性試験)などの基準をクリアする難燃加工が当社の使用するすべてのクッション材にほどこされています。

ウレタンなどの合成樹脂系の素材についても、特別な配慮をすることなく、安心して取扱うことが可能です。こうした素材は、においを伴う揮発性有機化合物を大気中にほんのわずか放出しますが、これは時間がたてば消滅します。生分解しなたいめ高温での焼却処理をお勧めします。

接着剤、ラッカー&カラー塗料

接着剤、ラッカー、そしてカラー塗料はすべて、欧州ホルムアルデヒド基準のE1(大気の放散が0,15 mg/m3 以下)に合致したものを使用しています。こうした素材は、換気設備を整えた工場内で硬化してから出荷されるため、出荷後ガスを発生することはありません。

接着剤、ラッカー、カラー塗料がほどこされた木材は焼却することが可能です。

 

カラーチャートをご覧いただけます。ご参照ください。なお、写真はあくまでもイメージです。実際とは相違がある場合があります。あらかじめご了解下さい。

ユーザーログイン

ユーザネーム&パスワードを入力してください

入力されたユーザーネームまたはパスワードが正しくありません