Carl Hansen & Søn

kk47000

KK47000 | SAFARI CHAIR

米国の映画作家、そしてその婦人がアフリカのサファリで使用していた組み立て式の椅子にインスピレーションを得たコーア・クリントの代表作。それまであった携帯椅子をモダンな空間に合う、優雅な椅子にリデザインしています。

Designed by Kaare Klint. 

Product

英国軍で使用されていたインディアン・ロッキーチェアをもとにしたもの。世界最初の組み立て式の椅子と言われています。

原型となった椅子は接着剤、工具を使用することなく組立、分解できる携帯椅子。しかも座ることによって接合部が締り、強度と安定感を増すという優れた構造を持っていました。

クリントはこの椅子の簡素化、明確化、そして洗練化に挑戦し、1933年、サファリチェアを完成。コペンハーゲン家具職人ギルド展で発表しました。英国軍の椅子を原型としていますが、システマチックなデザインアプローチ、職人技術、よく考えられたプロポーション、素材の使い方などクリントらしいデザインとなっています。

フレームはムク材、背と座にキャンバスまたは皮革となります。アーム部分にはサドルレザーが使用されています。



デザイナー

コーア・クリント

計測に裏付けられたデータや数字に基づく機能主義を唱えたことで知られる、デンマーク家具デザイン界の巨匠コーア・クリント。デニッシュモダンの父として、世代を超えて多くのデザイナーに影響を与えてきました。画期的なデザイン教育 ばかりなく、1914年のフォーボーチェア、世界的に知られた1933年発表のサファリチェアをはじめとする、機能主義 デザインの模範となる数々の名作を残しています。また、1929年のバルセロナ万博のデンマーク・パビリオンの監修も 手掛けています。

詳細を見る

サイズ・仕様
Oil
Smoked ash
Ash
プロダクトシート

プロダクトシートには製品、デザイナー、素材、サイズ、連絡先などの情報が掲載されています。

Download
メンテナンス

メンテナンスについてはこちらから

材質

素材に関する詳細はこちらから

ビデオ

   youtubesafari.png

background

ユーザーログイン

ユーザネーム&パスワードを入力してください

入力されたユーザーネームまたはパスワードが正しくありません