Carl Hansen & Søn

kk47510-red-chair-m

KK47510 | THE RED CHAIR

コーア・クリントが、1927年から1933年にかけて発表した椅子シリーズ。デンマーク工芸博物館、バルセロナ万博のデンマーク館とデニッシュデザインを促進する空間にデザインされたこの椅子シリーズは、いずれも世界中で高い評価を獲得しています。

Designed by Kaare Klint

Product

シリーズの最初の作品は最も大きいバージョンのレッドチェア・L(1927年)。当時開館したデンマーク工芸博物館(現デンマーク・デザインミュージアム)のレクチャールーム用にデザインされました。またこの椅子は、1929年に開催されたバルセロナ万博のデンマーク館にも出展されています。

近代的なデザインをするにあたり、長い間継承されてきたものから、学べることは多いと考えていたクリント。このレッドチェアシリーズの開発にあたりク、チッペンデールをはじめ英国の伝統的な椅子を考察、様々な要素を検討し、使用感にすぐれた新しい構造とモダンなフォルムを作り上げました。

クリントはさらに幅の狭い2つのバージョンをシリーズに加えます。レッドチェア・S(1928年)、そしてレッドチェア・M(1933年)いずれもダイニングテーブルを考慮したサイズとなっています。これによりサイズの違う3つのレッドチェアが誕生。それぞれにアームが付いたバージョン(1930年)も用意されています。

フレームはムク材、背と座は革張りとなっています。



デザイナー

コーア・クリント

計測に裏付けられたデータや数字に基づく機能主義を唱えたことで知られる、デンマーク家具デザイン界の巨匠コーア・クリント。デニッシュモダンの父として、世代を超えて多くのデザイナーに影響を与えてきました。画期的なデザイン教育 ばかりなく、1914年のフォーボーチェア、世界的に知られた1933年発表のサファリチェアをはじめとする、機能主義 デザインの模範となる数々の名作を残しています。また、1929年のバルセロナ万博のデンマーク・パビリオンの監修も 手掛けています。

詳細を見る

サイズ・仕様
SoapLacquerOilWhite oilBlack paint
Oak
Walnut
プロダクトシート

プロダクトシートには製品、デザイナー、素材、サイズ、連絡先などの情報が掲載されています。

Download
メンテナンス

For maintenance here from

 

材質

For more information about the material here from

background

ユーザーログイン

ユーザネーム&パスワードを入力してください

入力されたユーザーネームまたはパスワードが正しくありません