Carl Hansen & Søn

ウェグナー初期の名作が復刻

戻る

ウェグナー初期の名作が復刻!

カール・ハンセン&サン社はウェグナーの初期の名作、1950年デザインのラウンジチェアCH22 を復刻しました。

この椅子は当時新進デザイナーだったウェグナーが、同社に初めてデザインした椅子コレクションの一つ。この時デザインされた椅子は今やデザインアイコンとして世界中でよく知られています。そしてコレクションが発表された当時、もう一つの椅子がデザインされていました。それが発表されることのなかった CH26です。

Wegner _CH22-lounge -chair _CH26_dining -chair _variants -1600x 1600.jpg

デザインコンセプトで共通したハンスJ.ウェグナー初期のデザイン、ラウンジチェアCH22とチェア CH26

ハンスJ.ウェグナーはデンマークが生んだ、最も独創的で影響力をもったデザイナー。復刻となるこのラウンジチェア「 CH22」もフォルム、構造、木材の使い方にとウェグナーの稀有な才能が溢れています。

Wegner _CH22-walnut _landscape _v 2-800x 800CH221950年、ウェグナーがカール・ハンセン&サンのためにデザインした一連の椅子の中でも最初のデザイン。 Yチェアとして世界的に知られる代表作CH24、エレガントなイージーチェアCH25などもこの時デザインされた椅子です。こうした初期の椅子はいずれも構造をつきつめ簡素化することによって生まれた、明快で独創的なフォルムを特徴とするデザインとなっています

Wegner _CH26-walnut -oak -mix _CH26-oak _CH339-oak -800x 800ラウンジチェアCH22のデザインにあたり、ウェグナーはこの椅子のダイニングチェアバージョンを図面に残しています。ただし、一度も生産されることはなく、試作品さえ現存していません。この椅子のモデル名は CH26 。白木を用いたオーガニックなフォルムと構造、印象的な背もたれ、ペーパーコードを張った座面、といずれの椅子もウェグナーならではのデザインの要素として共通しています。

Wegner _CH22-oak -walnut -mix _detail _armrest -800x 800

Wegner _CH22-oak _detail _wedge -800x 800

CH22CH26の素材はオーク材、またはウォルナット材。その二つの素材のコンビネー ションのいずれかからお選びいただけます。仕上げは数種、座面のペーパーコードは、ナチュルラルまたは、ブラック、背の埋木はオーク材かウォルナット材をお選びいただけます。

ラウンジチェアCH22についてもっと知る

ダイニングチェアCH26についてもっと知る

CH22とCH26のメイキング・ムービーはこちら




 






background

ユーザーログイン

ユーザネーム&パスワードを入力してください

入力されたユーザーネームまたはパスワードが正しくありません